セフレ探しから真剣な出会いまで、きっと相手が見つかります。

出会い系サイト体験談

PCMAX体験談 男性の出会い系体験談

上場企業インテリ美魔女のストレス発散W ドM 淫乱 セックス

更新日:

PCMAXという出会い系サイトで、

一部上場企業の女課長と知り合った。

知り合って、1年位になるかなあ・・・。

彼女は30代後半、インテリ美魔女って感じだ。

その女課長さんは実はドMだが、職責上は

「しっかり者」

を演じなければならいのが苦痛でたまらないらしい。

だから、時々自分自身をさらけ出す願望が爆発して、

出会い系サイトにログインしていたそうな。

確かに会話していても頭が切れるし

見かけもきっちりしている。

ONとOFF?を切り替えられるのが出世のコツなんだと思ったよ。

 

そんな女課長さん、

付き合っていくうちに、とんでもなく

 

ド変態・ド変態 な事がわかってきた。

 

好奇心が旺盛なのか?

何でも言う事を聞くし、どんな羞恥プレイでも喜んでやる。

これがまた、イキやすい。

毎回、2桁は軽くイってしまう。

いつも最後は、口が半開きになり目はトロンとして

「しっかり者」の面影はまるでない。

私はその顔に精子をかけるのが大好きだ。

そんなM女が一番感じるのが2穴の同時責め。

アナルバイブやローターなどいろいろと試したが、

一番しっくりきたのは

アナルにローター

と、

アソコにバイブ」という組み合わせだ。

この組み合わせだと身体をのけぞらせて何度もイった。

涙を流したり、涎を流しながらだったり、

私のものを咥え続けたままだったり。

 

ある土曜の夕方、いつも使うホテルで会った。

高層階で海や夜景が一望できる綺麗なホテル。

ここでのプレイは格別だった。

プレイの始まりはいつも同じで、

カーテンを開けたまま、外を向かせて自分で服を脱がせる。

その日のM女の服装は、濃い紺色のスーツ。

いつものように時間をかけてゆっくりと脱いでいく。

上下黒の下着がエロい。

前回、私が彼女に買い与えたものだ。

ブラとパンティー、パンスト状態になったところで

後ろ手に縛り、赤い口かせを付ける。

背後から胸を触るとブラの上からでも

わかるぐらい乳首が立っている。

その乳首を指先でサワサワと触れると

既にM女の口から涎がトロリと出ている。

小刻みに喘ぎ声をあげはじめる。

ローターをパンストの中に入れる。

指であそこの状態を確認してみると、

もう、ヌルヌルだ。

ローターは滑るようにヌルッとM女のあそこに吸い込まれる。

毎回、このパターンだ。

ローターのスイッチを入れるとM女はゆっくりと大きく喘ぎ始め、

いつもの溜め込んだストレスを解放し始めた。

ぁ~あ。

腰をクネクネとローターの振動に自分から合わせながら喘ぐ。

M女は窓に向かって背を向ける。

駄目だ!

尻を叩き、また窓の方を向かせる。

そして、ブラのホックをはずす。

ングィアァ、ィァ、ィァ」(言葉にならない。)

しゃがもうとするので

力ずくで立たせ、ローターの振動を強くした。

M女の乳首はツンツンに立っている。

私は最高に楽しくなって気分が高揚してくる。

ローションをM女の乳首につけた。

そして口かせの中にもローションを入れた。

ンガ・・ガ・・・。

M女の背後からローションの垂れた乳首を弄りまわし楽しむ。

M女は尻を私のあそこに擦りつけてくる。

欲しいのか?ん?

ガィ・・・。」(「はい」と言いたいのだろう。)

まだ駄目だ。これでイかないと。

乳首を激しく責める。

左手の親指と小指で乳首を弄りながら、

右手はパンティーの中へ。

ローターの振動が手に伝わる。

陰毛の先はM女の液でベタベタになっており、

それをまさぐって突起を見つけた。

両手でM女の3つの突起を同時に責め立てる。

M女は尻をこすりつけてくる。

私のモノもかなり大きくなっており、

M女のパンティーをずらした。

そしてローターが入ったまま、

私のアレをM女の穴に突っ込んだ。

私のあそこの先っぽにローターの強烈な振動が伝わる。

M女の腰を掴み腰を前後に激しく動かす。

私が腰を前に動かすたびに、

M女の穴の中のローターが奥まで届く。

M女は頭を左右に動かし喘ぎまくる。

目はもう虚ろ状態で視点は定まっていない。

私はさらに腰を激しく突く。

M女の穴の中のローターも激しく震える。

私はイキそうになると、

自分のモノをM女の穴から抜き、M女をひざまずかせる。

M女の顔、特に口かせのはまっている口中に

向かって思いっきり精子をぶちまける。

M女は呼吸を荒げながら私の白い液体を受け止めた。

唾液と精液まみれになったM女の顔。

何とも愛らしい。

うっすらと笑みを浮かべ、高揚感が漂っていた。

 

日頃、ストレスが溜まっている会社の偉い方は

とんでもない性癖を持っていたりするもんです。

人間、精神と肉体のバランスが崩れると壊れてしまいますからね。

他人に迷惑をかけない程度にストレス発散しましょ。

あなたもPCMAX

自分の性癖をオープンにできるセフレを見つけてみては。

 

ナンパも失敗が続き、休憩で立ち寄った喫茶店に彼女はいました。いかにも頭良さそうで何やら難しそうな本を読んでいたその女性に声を掛け、やや強引に連れ出し成功!話を聞くと法律事務所にインターン中で将来は弁護士を目指す女子大生でした。そしてホテルで見せてくれた彼女の本性はいじめられたがりの超ドM!尻叩かれてアーン、首絞められてアーン、顔踏まれてヒーン。そんな変態娘とたっぷり調教SEXしまくりました。

 

 


恋愛スタイルランキング

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

-PCMAX体験談, 男性の出会い系体験談
-, ,

Copyright© 出会い系サイト体験談 , 2018 All Rights Reserved.