PCMAX体験談 男性の出会い系体験談

出会い系で発覚、会社の部下は清純エロカワだった。

更新日:

俺は小さな会社、中小企業の係長。

フツメン。

既婚者のアラフォー。

相手の彼女は新入社員の色白細身、チョー可愛い。23歳。

AKBで言えばコジハル似かな。

こんな話は、まずありえない事だろうと思ったので書いてみた。

俺がPCMAXで知り合った子と写メ交換したら、

なんと自分の会社のカワイ子ちゃんだったという話。

 

どう見ても、俺が採用担当で面接したし、

サイトの掲載プロフと何度も照らし合わせた。

それに毎日彼女とは会社で顔を合わせる訳だし。

でもって、そんな簡単に「すぐ会おう。」なんて言えない状況なのだ。

板で「すぐ会う。」的なやりとり前提だったんで、

写メ付で返事が来て

ホ別2万。

って言われた。

・・・その子、メッチャ清純派に見えるし、おっとりしてて、ピュアな感じなのに・・・。

お金に困ってるなら何とかしてあげたいと思ったが、

採用時に家庭環境とかも一応調べてるけど、問題は無かったと思うんだ。

待ち合わせ場所は彼女の家の近所のコンビニだった。

駐車場で車停めて、

来たよー。

って送信。

待つ事10分。この時が一番緊張した。

髪型や服装も職場では見せた事ない感じにしたし、

伊達メガネかけてプチ変装してった。

会ったら何て言おうかと考えていたら、助手席の窓がノックされた。

見ると白いブラウスを着た、ほっそりした女が立っている。

覗き込もうとしたせいで髪で顔半分が隠れていたが、部下の彼女に間違いない。

この時点で不安な気持ちは吹き飛んでいて、心の中でガッツポーズしていた。

○○さん?

と俺のハンドルネームを呼んだので、

あまり顔を向けず小さく頷きドアロックを解除した。

ドアを遠慮がちに開いて、するりと乗り込んでくる彼女。

じゃ、行こうか。

と車を出す。道路に出て彼女の横顔を見る。

向こうも俺を見ている。

まだ、気づいていないのか軽くはにかんだ笑顔を見せる。

そこで俺は

はるちゃん!?

と驚いたように彼女の名前を呼んでみた。

次の瞬間可愛い顔が一気に凍りついた表情になる。

人間って真剣に驚くと、固まってしまうだなあ。

そのまま畳み掛けるように話かけた

出会い系サイトで、はるちゃんを見つけるとは思わなかったよ。

こういう風に男の人と会ってたんだ。

まさかとは思ったけどがっかりだよ。

これは社長にも報告しないとなあ。

とか実際の言い方は、もっとねちっこかったと思う。

この時の行先は取りあえず静かな山の中腹の駐車場に決めた。

俺がしゃべっている間、ずっと彼女は黙っていたが、

車を停めたら小さな声で話し出した。

ようは自分は寂しがり屋で、かまって欲しいとか何とか言っていた。

知るか!

と思いながら、自分が圧倒的に優位な立場にいる訳で、

煮るのも焼くのも俺様次第ってこと。

可愛い女が目の前で困っているのを見るとフル勃起してきた。

彼女はまだブツブツ言い訳や同情を誘うような事を言っていたので

俺は黙ってチャックを下しアソコを取り出し

いいから、取り敢えずしゃぶってよ。

と切り出した。

彼女はチラッと俺の方を見たが手をぎゅうっと膝の上で握りしめたまま動かない。

がしかし、意を決してか席から身を乗り出し

ゆっくりと俺の股間へ顔を近づけて来た。

セミロングの髪が、フッと俺の太ももにかかったと思うと、

少しひんやりとした唇が俺の亀頭を包んだ。

この瞬間、マジに興奮した。

アソコの先は我慢汁の洪水だった。

俺はシートを少し倒して、彼女の顔が見えるようにした。

ゆっくりと俺の股の上で上下する彼女の頭。

髪で顔が良く見えないので、髪をかきあげてみる。

窓から入ってくる駐車場の照明に照らされた彼女の横顔は

苦しそうだったがとても美しかった。

唾液で滑りが良くなってくると段々とストロークが深く、早くなっていく。

ふと見ると俺の左手の上に彼女の胸元がある。

ブラウスのボタンを上から外していくと白っぽいブラが露わになった。

その上から指を差し込み乳首をつまんだり、転がしたりする。

その度に彼女の口から苦しそうだが、色っぽい喘ぎ声が漏れる。

職場では想像も出来ない彼女の痴態に俺の興奮度はMAXに達しそうだった。

体の中から刺すような快感がこみ上げ、自然と腰に力が入る。

俺がイクのを察知したのか彼女が口を離そうとする。

しかし、俺は彼女の頭を押さえつけ無理やり喉奥まで突き入れる。

次の瞬間、痛いくらいの快感に襲われ、無意識に腰がシートから浮いていた。

同時に大量の精子が俺のアソコから彼女の喉奥めがけて放出された。

ドクドクと脈打つ俺のアソコに快感の波が次から次へと押し寄せて来る。

この時彼女はもがいていたが、俺は無理やり押さえつけていた。

ひとしきり出しきって余韻を味わいつつ、

イッてから1分位はそのままの体勢だったと思う

こぼすなよ。

と言いながら、頭を上げさせると

彼女の髪はグシャグシャで口の周りは涎か精子だかでヌラヌラになっていた。

ブラウスははだけているし、ブラは外れていて右側の乳首ははみ出していた。

口の中には俺の精子がまだあるようだったが、無理矢理飲ませた。

咳き込みながらハンカチで口を拭う彼女の目には涙が溜まっていたようだった。

そんな状況でも彼女は美しかった・・・。

落ち着くのを待って、自販機で買ってきた缶コーヒーを飲ませた。

で、車で山を下りながら

これに懲りたら、もうこんな事はすんな!

と説教したった。

で終わる所かもしれないが、また会う約束をした。

いずれは会社内でヤレるといいなと思っている。

勇気を出して会ってみて良かったよ。

もう、俺以外の男と会うのを禁止したけど

アカウントは残っているはずだから、

今後はプレイの様子でもアップしようかなと思う。

PCMAXにはまだまだお世話になるだろう。

 

MOODYZに1枚のDVDが送られてきた。それは広告代理店で働く一般女性からのAV出演を志願するオナニーという衝撃的な動画だった。もちろん興味を持ったスタッフがこの女性と会ってみることに。スケベな事ばかり考えて仕事中でもパンツをヌルヌルにしてしまうほどエッチがしたくてたまらないというまいな(仮名)さん。そう、彼女は我々の想像を超える逸材でした。

 


不倫・婚外恋愛ランキング

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

おすすめ記事

1

こんにちは。 改めて出会い系サイトの印象について、世間一般では ストーカー被害、性犯罪の温床みたいに考えている方 多いんじゃありませんか。 確かに危ない側面はありますよ。 男性も女性もどちらも危険性は ...

2

あなたは不倫したいと思った事はありませんか? 「一生、夫だけを愛し続ける。」ことは結婚の理想ですが、 果たしてこの理想を貫ける夫婦がどれだけいるでしょう。 既婚者の不倫願望は、結婚5年目ほどで約50% ...

3

不倫への黄色信号かも・・・。 「夫の行動、言動に我慢できない。」という女性がよくいます。 この気持ちをどうすればいいのでしょう・・・。 どんなに愛していた夫でも、 一緒に住んでいれば相手のことが嫌にな ...

-PCMAX体験談, 男性の出会い系体験談
-, ,

Copyright© 出会い系サイト体験談 , 2018 All Rights Reserved.