男性の出会い系体験談

出会い系ナースの豊満ボディに癒されて、超絶フェラに悶絶。エロかった~。

更新日:

俺がまだ脱サラする前、

独身で遊んでいて出会い系にはまっていた時の話だ。

ユキちゃんという女性に会った。

ナイスバディーでベビーフェイス。

チョット、厚めの唇と

豊満な胸がエロい。

職業を聞いたら何とナースだと。

会って直ぐにユキちゃんと仲良くなっていった。

ユキちゃんの病院での話だ。

たまに子供の患者さんが夜中に寝付けないときなんか、

添い寝してあげるんだけど、この間、胸触られちゃったの~。

それがもろに乳首をギュッとつままれちゃったもんだから、

『コラ、やめなさい!』って怒ったんだけど、

実は結構感じちゃった~。

なんて話を聞いたときは、

制服下のたわわなオッパイを妄想しながら

勃起してました・・・。

心の中で・・・(「普通、女の子が「乳首」なんて言うか?」)

と思いながら・・・。

話を聞きながら、俺は何気に腰に手を持っていき、

さすさす。

すると・・・。

二人きりになれる所いきませんか?

二人きりになれれば何処でもいいよ・・・。

キターーーッ!!

ここで、ユキちゃんのスペックだが

身長163

体重不明

B72のFカップ、

W63、

H87

何れも推測。カップのみ本人確認。

俺は焦る気持ちを抑えつつホテルに急ぐ。

ホテルに着き、部屋に入ってからも

ガツガツした気持ちを抑え

まずは、ユキちゃんの体に抱きついて確かめる。

彼女の服装。

刺激がちょっと強すぎる・・・。

白のタンクトップにジーンズという

シンプルな服装なんだが、

なんせ、巨乳が刺激的過ぎだ。

その時は大きさを確認していなかったが

まさかFカップとは思わなかった。

感触、脇や襟ぐりから覗くその姿態は、

まさに未知との遭遇。

俺が体を触るか触れないかジラしてたので、

彼女ももう、我慢できない様子。

それを確認した俺はベッドにユキちゃんを

ゆっくりと仰向けに寝かせた。

その胸の大きさは更に強調され、

俺の股間を熱くするのだった。

ユキちゃ~ん、服を脱がしますね~。

と自分が声をかける。

仰向けの彼女を万歳させ、

タンクトップをゆーっくり脱がした。

おおっ・・・。

レース付きの白のビッグなブラジャーが

ドーンと目に飛び込んできた。

ジーパンに手をかけ脱がし始める。

フロントのボタンをひとつひとつ外した。

すると、ピンク地に白の水玉模様

前に小さなリボンがついたパンツが・・・。

もう俺の理性は、この時どこかに消え去ってしまい、

迷いは微塵もなくなっていた。

彼女の背中に手を滑り込ませ、

ブラジャーのホックを外し、

ブラジャーをそっと彼女の体から剥ぎ取った。

そこには、鏡餅のようにまん丸と盛り上がったオッパイに、

やや赤茶色の乳首が!

乳輪の大きさは500円玉より一回り小さいぐらいで、

乳首は小さめの大豆サイズ。

あんまり見ないで・・・。

と恥ずかしそうに言うユキちゃんに俺は撃沈。

俺はそーっとユキちゃんの乳房に手を伸ばし触れてみた。

すごいボリューム感!

ゆっくりと両手で両胸を揉みしだく。

・・・柔らかい。

乳首を指で愛撫すると、

徐々に乳首が大きく、そして固くなっていった。

ん、ん~・・・。」とやや反応しているようにも見える。

次に俺はパンツに手を伸ばし、

バンツの上からクリであろう部分を指先でタッチした。

んっ・・・。」ユキちゃんの反応が可愛い。

ピンクのパンツをそーっと足首まで脱がしてみた。

こんもりした丘に結構濃い目の茂みが・・・。

ちょっと甘酸っぱい臭いがするが、開脚させ、

しげしげとその割れ目を凝視した。

貝は閉じているが、まわりの茂みが悩ましい。

指を割れ目の筋に沿ってツーっと触れると、

汗なのか愛液なのかわからないが、少し湿っている。

俺はユキちゃんの両足を取りM字開脚させ、

割れ目の中に指を差し入れ、貝をパックリ左右に開いた。

すると、申し訳なさそうに閉じているピンクの膣口に、

半分包皮に包まれた小振りのクリが・・・。

俺はクリに指を伸ばし包皮からむき出して、

指先でつまんだり、転がしたりして愛撫した。

すると「ん・・・。んっ・・・。」と

ユキちゃんが体をよじらせる。

今度は舌でユキちゃんのクリを愛撫し、

膣口に指を伸ばして、その中にそっと指を差し入れた。

少し汗の甘酸っぱい味がしたが、

俺は舌先に力を入れ、

ツンツン、レロレロとクリを刺激した。

膣口に差し入れた指も

優しく中の壁を這わせ、ゆっくりと愛撫した。

・・・あっ・・・ん。

徐々にユキちゃんの反応が大きくなってきた。

俺はその反応が大きくなるのに合わせて、

徐々に舌先、指先の刺激を強めていった。

んっ・・・、あっ・・・。あ~ん・・・。

喘ぎ声の抑揚が強くなってきた。

俺は仰向けになったユキちゃんの横に

上半身をすり寄せ、

左手と口で両胸を愛撫しながら、

右手の指で膣口の中を強めに刺激した。

上目使いでユキちゃんの反応を確かめた。

ユキちゃんの割れ目は汗以外の液で

徐々に湿ってきていた。

ヌルヌルと俺の指を包み込む。

あん・・・、あっああ~。

次第に吐息のようだった声が

はっきりした喘ぎ声になり、

薄っすらとユキちゃんの頬がピンクになった。

その瞬間、俺は愛撫をやめ、

ユキちゃんの顔の前に自分の顔を寄せた。

山下君(俺の名前)・・・山下君・・・。

ちょっと目を潤ませながらユキちゃんが言った。

俺はおもむろにユキちゃんの

チョット肉厚な唇にキスをして、舌を差し入れた。

するとユキちゃんの舌が

ねっとりと俺の舌にからみついてきた。

もうこれでGOサインだな・・・。

そう勝手に解釈した俺は、ユキちゃんの唇を貪りながら、

ユキちゃんに服を脱がせてと頼む。

ユキちゃんは起き上がり

俺の服を剥いでいく。

次は、ジーパンを脱がしますね~。

上目使いのユキちゃんに俺は爆発寸前。

再びユキちゃんをベットに倒し、

脚を左右に広げて、

ギンギンに勃起したペニスを

その先にある割れ目へと導いた。

ペニスの先をクリや小陰唇に当てながら

じらしていると、

山下君・・・。欲しい・・・、入れて・・・。

とユキちゃんが喘ぎながら言った。

俺はユキちゃんの両足を大きく開かせ、

ペニスを膣口にあてると、

自分の腹がユキちゃんの茂みに着く位、

ゆっくり、深く挿入した。

はっ・・・。あうっ・・・、んあっ。

ユキちゃんが思わず体をひねりながら

背中を反らした。

なんとも言い難い暖かな肉感が

俺のペニスを包み込んだ。

根元から先まで「ギュー」と締め付ける感じ。

俺がゆっくり前後に動かすと、

あっ・・・、は~ん。」とユキちゃんは喘ぎ声を漏らした。

グラインドさせながら、

浅くそして強く突くと、

その悩ましい声は次第に高まっていく。

合体したまま、ユキちゃんの上体をこちらに起こし、

対面座位へ。

俺は後ろに手を付きながら

激しく腰を前後に振った。

眼下には俺の固くなったペニスが

ユキちゃんの貝の中を

ズンズンと出入りするのがはっきり見える。

ユキちゃん、ほら、すごい勢いで入ってるよ。」と言うと

あっ、はっ・・・。あ~ん。

と声にならない喘ぎ声を出しながら、

覆いかかるように髪を振り乱しながら

俺の首に両手を回し、キスをせがんできた。

俺は、腰を更に上下に振りながら

ユキちゃんの差し入れてきた舌に

自分の舌を絡ませ、両手で両胸を愛撫した。

ユキちゃんの唇から口を離し、乳首を舌で愛撫。

目の前でブルンブルンと

暴れるように揺れているオッパイに興奮が高まる。

一旦正上位に戻り、激しくピストン!

巨乳の醍醐味である“ユサユサオッパイ”を堪能した後、

合体したままユキちゃんの片足を引き上げ、

突きながらその片足を俺の前を通して逆側へ移動させ、

バックの体勢へ。

かなり肉付きの良いお尻を両手でつかみながら、

パン!パン!と深く突くと、

あっあ~はん・・・、イクッ・・・。イッちゃう・・・。

とユキちゃんは絶頂に近づいた。

バックの体勢のまま、腰を持ち、

更に激しく小刻みに突いていると、

あっ・・・、あっ・・・。あ~!イクー!!あっ・・・。

と絶頂に達したようだ。

膣の中がヒクヒクと小刻みに痙攣しているのが分かる。

その締め付けを利用して、

そこにカリがあたる深さで更に小刻みに突き、俺も絶頂へ。

直前にペニスを引き抜き、

ユキちゃんの背中に放出した。

暫くの間、2人で重なるように伏して荒い息をしていたが、

ふとユキちゃんが「山下君・・・。

俺が「何?」と聞くと、

言いにくいんだけど・・・。

ちょっと・・・。漏らしちゃったみたい。

はぁ?」と聞き返すと、

おちっこ漏らしちゃったみたい・・・。

慌ててうつ伏せの彼女の下を確認すると、

かなりビチョビチョに。

すぐさま俺は素っ裸のまま、

シーツを剥がしたり、

タオルでマットの水分を吸い取ったりと

大慌てで処理しているのに、

ユキちゃんはベッドの上でペタンと

女の子座りをしながら

乱れた髪のまま頭を掻き、

へへへっ。」と、はにかんだ表情で笑ってる・・・。

ただ、その姿に妙に萌えてしまい、

その後、彼女にスポーツドリンクを飲ませたり、

体の汗を拭いてあげたりしているうちに、

ビンビンになってしまった。

すると、「カプッ!」といきなりペニスを咥えられ、

膝立ちの体勢で彼女の絶妙なテクのフェラが始まった。

ジュポジュポと深くまで咥えたと思ったら、

肉厚の唇を硬くしてカリ首を刺激。

そうしながらも、舌で亀頭を強めに愛撫・・・。

こんなテクに遭遇した事の無かった俺は、

腰に力が入らなくなり、不覚にも尻餅をついてしまった。

それでも、その動きにユキちゃんはついて来て、

口からペニスを離さない。

仰向けになった俺の上にまたがり、

更に高等テクを使って攻め続けた。

俺はあまりの気持ちよさに、

腰を引きたい気持ちに駆られたが、

体は何故か腰をユキちゃんの方に突き上げる体勢に。

背中とお尻でブリッジするような体制になり、

とうとうユキちゃんの口の中に放出してしまった。

その後、シャワーを浴びて1発。

もう一度シャワーを浴びた際に口と手で1発。

朝起きて1発と、一晩かけて合計5発も発射してしまった。

あの頃の俺は若かった・・・。

朝、日勤だったユキちゃんはダッシュで着替えると、

そのまま病院へ出勤。

その後、3カ月ほど付き合ったが自然消滅。

でも、俺もいい年になったし

どこかの病院でばったり会うかもしれないな。

コチラは老舗の出会い系ばかりで

安心して利用できる。興味がある人は使ってみて。

 


恋愛スタイルランキング

 
素人専門サイト Pinky 【ピンキー】 会員登録はコチラから!

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

おすすめ記事

1

こんにちは。 改めて出会い系サイトの印象について、世間一般では ストーカー被害、性犯罪の温床みたいに考えている方 多いんじゃありませんか。 確かに危ない側面はありますよ。 男性も女性もどちらも危険性は ...

2

あなたは不倫したいと思った事はありませんか? 「一生、夫だけを愛し続ける。」ことは結婚の理想ですが、 果たしてこの理想を貫ける夫婦がどれだけいるでしょう。 既婚者の不倫願望は、結婚5年目ほどで約50% ...

3

不倫への黄色信号かも・・・。 「夫の行動、言動に我慢できない。」という女性がよくいます。 この気持ちをどうすればいいのでしょう・・・。 どんなに愛していた夫でも、 一緒に住んでいれば相手のことが嫌にな ...

-男性の出会い系体験談
-, ,

Copyright© 出会い系サイト体験談 , 2018 All Rights Reserved.