男性の出会い系体験談

出会い系体験 フェラチオの女王 人妻にやられた話

更新日:

 

出会い系で出会った

32歳の人妻マリはフェラチオ上手だった。

自分でもフェラテクにはかなり自信があるらしく

 

「5分イカないで、我慢できたら中出ししてもいいよ。」

 

なんていうオイシイ条件を持ちかけてきた。

早速、俺はベットに全裸で寝そべり、

人妻の舌を期待し、股間を膨らませていた。

マリは反り返った俺のペニスを眺めながら、

ゆっくりと服を脱いでいき、

たわわな胸を惜しげもなく、さらけだした。

パンティ1枚になったマリは俺の脚の間に座り込んで、

俺の股間に手を伸ばした。

きれいに手入れされた爪の先で

俺の太ももや足の付け根あたりをつつ・・・となぞる。

くすぐったい・・・。でも、気持ちいい。

爪から指先に刺激が変わり、

徐々にペニスの方へ近づいてくる。

このワクワク感がたまらない。

いよいよ指先は、タマ袋に到達し、

コチョコチョとくすぐられたり、

指先をふわぁっと広げられたりして期待がさらに高まる。

指がペニスの根元に届いたと思った瞬間、

亀頭を温かい舌で、ぺろりと舐めあげられた。

予想していなかった刺激に、腰がビクンと動く。

 

フフフっ、敏感なのね。

 

うれしそうなマリの声がラブホテルの部屋に響き、

ピチャピチャとマリの舌が奏でる

いやらしい音が部屋中に響いた。

俺の亀頭は先の方からカリの方まで丁寧に舌で舐めつくされ、

マリの唾液と俺自身の汁でビチャビチャになっている。

口の中に亀頭だけ含まれ、舌をまとわりつかせるようにからませたり、

歯をそっと立てて痛く無いようになぞったりと、

愛撫のバリエーションも多彩だ。

さすが、フェラテク自慢の人妻だけのことはある。

顔を少し持ち上げて、チラッとマリの方を見ると、

うれしそうに俺のペニスをしゃぶっている。

マリは亀頭の先端からゆっくりと根元まで口に含んでいった。

ううっ・・・。」気持ちよさに、思わず、声がもれた。

絶妙のスピードと密着感は

プロじゃないかと思ってしまうくらいのテクニックだ。

手元で支えているように添えられている両手はさりげなく、

俺のペニスを下に引っ張り、より強い快感をサポートしている。

また、ゆっくりと、口が亀頭の先端に戻るまでの間にも、

口内で舌がペニスの幹にらせん状に絡み付き、

引き留めるかのような歓待をしてくれる。

 

ヤバい・・・これはヤバイ。始まって、

 まだ2分も経っていないのにイキそうだ。

 

焦る俺の心とは裏腹に、

ペニスは与えられる快感に着実に頂点を目指して上りつつある。

 

すごい・・・。硬い・・・。」うっとりした表情で俺のペニスに頬ずりし、

 

舌でチロチロと刺激するマリは淫乱という言葉を実感させてくれる。

いやらしい。

危機感を感じた俺は、卑劣な防御策にでた。

 

こっちにお尻向けてよ。

 

マリは俺をまたいで四つん這いになり、

パンティに包まれたお尻を俺の前に突き出した。

指先でキュッとしまったお尻を撫で上げると、

 

ヤダぁ・・・。」と振り返る。

 

ついでに、パンティを下して、アソコをむき出しにした。

パンティを足から引き抜いて、下からアソコを見上げると、

すでにたっぷりと蜜液が溢れていた。

指でワレメをそーと撫でながら、

 

フェラだけでこんなに濡れちゃうんだ。淫乱だねー。

 

と言うと、

 

こんなに硬くて大きいペニスが

 私の中に入るかと思うと、興奮しちゃうの。

 

と言いながら、輪にした指を亀頭の先端に添えて、口に含ませつつ、

根元までゆっくりとおろした。

口と指のダブルの刺激で、

今まで味わったことの無い気持ちよさが俺のペニスを襲う。

負けないように、出さないように、

自分の唾液で濡らした中指をマリのアソコに突っ込んで、

チュクチュクと出し入れする。

 

ふっ・・う~ん、だめぇっ・・・。

 

マリは俺の指に感じながらも、俺のペニスをしゃぶり、

指での愛撫を怠らない。

俺は指を2本挿入して、クリトリスも刺激して対抗したが、

下と指のコラボ技とタマ袋と蟻の門渡への爪なぞり攻撃に、

俺のペニスはあえなく撃チンした。

発射を予告する余裕もなく、

マリの口内で精液が勢いよく飛び出してしまった。

 

マリの舌はゆっくりと俺のペニスに絡み付き、

吸い上げるように精液を搾り取っていく。

今までのフェラチオでは感じたことのないような

強烈な快感と脱力感が俺をつつんで、

下半身がしびれたようになった。

身動きがとれないでいる俺の横に

全裸のマリが満足そうに寄り添い、

 

気持ちよかった?

 

とにっこりと微笑む。唇は唾液でつややかに光り、

オスのエキスを飲み込んでますますイキイキしているようだった。

 

すっごい、良かった。我慢できなかったよ。

 

まだ荒い息で答えると、

マリは、早くも回復しつつある濡れたままの俺のペニスに指をそっと絡めて、

いやらしく笑った。

 

もうできそうね?

 

マリは俺の上に馬乗りになると、

ゆるく立ち上がった俺のペニスをアソコでくわえ込んだ。

俺のペニスは新たな快感に、すぐに立ち上がり、臨戦態勢になった。

マリは自分の好きなように腰を振り俺のペニスを堪能した。

たまに腰を動かして、さらにペニスを奥に進めつつ、俺のペニスをくわえ込んでいる

マリのアソコや、上気して喘いでいる顔を見ているうちに、

俺もまた射精感が高まってきた。

下からガンガン突き上げて、マリがイッたことを確認してから、

俺もマリのアソコの最深部に、精液を吐き出した。

優良出会い系サイトは案内はこちらから。

 


不倫・婚外恋愛ランキング

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

おすすめ記事

1

こんにちは。 改めて出会い系サイトの印象について、世間一般では ストーカー被害、性犯罪の温床みたいに考えている方 多いんじゃありませんか。 確かに危ない側面はありますよ。 男性も女性もどちらも危険性は ...

2

あなたは不倫したいと思った事はありませんか? 「一生、夫だけを愛し続ける。」ことは結婚の理想ですが、 果たしてこの理想を貫ける夫婦がどれだけいるでしょう。 既婚者の不倫願望は、結婚5年目ほどで約50% ...

3

〇 不倫への黄色信号かも・・・。 「夫の行動、言動に我慢できない。」という女性がよくいます。 この気持ちをどうすればいいのでしょう・・・。 どんなに愛していた夫でも、 一緒に住んでいれば相手のことが嫌 ...

-男性の出会い系体験談
-

Copyright© 出会い系サイト体験談 , 2018 All Rights Reserved.