セフレ探しから真剣な出会いまで、きっと相手が見つかります。

出会い系サイト体験談

PCMAX体験談 男性の出会い系体験談

出会い系掲示板で出会ったプチメンヘラ嬢と2エ口体験談

更新日:

今から2年位前、出会い系掲示板で仲良くなった女の子がいた。

仮名を「かなこ」とする。

 

かなこは岡山県、俺は兵庫県に住んでいた。

メールしていて分かったがかなこはプチメンヘラだった。

 

少し好意を持っていた俺は、メールで励ましたりしているうちに、

メールで猥談するようにもなった。

大学時代、落ち着いたら会いたいねと言っていたが

お互い予定が合わず、かなこが帰省する12月末に会う事になった。

2人で会う予定だったが、怖いと言うので2対2で会う事になった。

俺は高校の友達(仮名:堀田)に声をかけた。

当日はメール、電話で無事合流。

かなこは身長160cm位で、きゃしゃで可愛いい感じ。

かなこの友達(仮名:ゆき)は、かなこより少し縦と横に大きくて

少しぽっちゃりしていたこれまた可愛い感じの子だった。

ファミレスで2時間くらい話して、みんなスキーが好きで

今度一緒に行こうよと言うことになり、話が盛り上がっていた。

堀田がスキーが好き。というのを聞いたのであとで聞くと、

スキーなら泊りで遊びに行けるだろ。」とのことだった。

俺も堀田も高校時代、スキーキャンプがあったから

滑れないことはないが。

話は進み2月下旬に俺の運転で行くことになった。

 

スキー場に着いたのは、10時頃で荷物をロッカーに入れて

11時頃から滑り始めた。

しかし、天気が悪くて15時頃

遅めの昼食を取ってそのまま撤収した。

宿泊は4人用コテージ。

荷物をコテージに運びゆっくりすると、

かなこと友達はお土産を買いに本館へ行った。

俺たちは夜の件を打ち合わせした。

取り敢えず男2人が風呂に入れば、

女2人も風呂に入るだろうと読み、

俺と堀田は別々に風呂に入りに行った。

かなこに連絡するとまだ売店にいるとのことだったので、

酒とつまみをお願いした。

辺りが暗くなった17時頃に戻って来て

予想通り女性人は風呂に行った。

少しでも薄着にさせようと部屋の暖房を強くした。

これは成功し、風呂上がりの2人は

Tシャツと短パンという薄着になった。

かなこは白いTシャツなので

ピンクのブラが透けている。

さすがに暑かったようで、

暖房を少し緩めたが格好は変わらない。

そして、チューハイで乾杯となり、

俺とかなこの馴れ初め話になった。

エロいメールの話題になり、

かなこが以前Bカップと教えてくれたと言うと。

恥ずかしそうに今も変わっていない的な会話をした。

調子に乗り触りに行くと、拒絶しなかったので、

そのままおっぱいタッチ。

軽く揉むと「ヤダヤダ。」と言いながら喜んでいる。

もちろんそのままゆきの胸の話になり、

少し強引に後ろから触るとそれなりに大きかった。

サイズは教えてくれなかったがDカップ位か?

彼女もそれほど嫌がる素振りはない。

その後、俺はかなこの胸を揉んだり、ブラパッチンしていると、

堀田はゆきの股を触っていた。

 

「 早っ! 

 

俺たちの計画ではお互い2人と遊ぶ予定だったが、

完全に分かれてしまったので俺はかなこをいじる。

下よりも胸フェチな俺だったので、

ピンクのブラが気になりTシャツを脱がす。

抵抗は全くしない。

ブラの上からしばらく触り抱き寄せてホックを外そうと手を回すと、

かなこも手を回してハグ状態になる。

かなこが

 

私の事好き?

 

と聞いてきたので

 

好きだよ。」と答える。

 

すると

 

キスして。

 

と言われた。

少し、ためらったが、キスをする。

軽く触れるだけだ。

唇を合わせたままホックを外し唇も外す。

ブラを外して小さなおっぱいが露わになった。

乳首も小さ目だがきれいにツンと立っている。

乳首もいじりつつ胸を揉みまわす。

俺が

 

乳首かんじるんだね。

 

と言うと。

 

下の方がヤバイ・・・。

 

と言う。

そのままズボンの上からだが股に手が伸びる。

股と胸をいじっていると、

ゆきの叫び声というか喘ぎ声が聞こえた。

振り返ると、ゆきは白と黒のボーダーブラだけになっていて

下半身裸で、堀田に股をいじられていた。

堀田はすでに全裸だ。

 

あっち、早いね。

 

とかなこに言うと

 

さっきからだよ・・・。

 

と答える。

俺は背を向けていたがかなこには見えていたらしい。

 

下も脱がすよ。

 

と言うと、かなこが頷いたのでズボンを脱がせる。

パンティはブラと同じピンクだった。

パンティの上から触ると

 

脱がしていいよ。

 

とかなこが言う。

パンティを脱がして指で優しく局部を触る。

声は出さないが感じているのが分かる。

目をつぶっているようだ。

胸に手を伸ばし、おっぱいも触ると目を開けた。

 

脱いで・・・。

 

と言った。

俺が

 

えっ?

 

と聞き返すと

 

堀田君も脱いでるじゃん。

 

と答えた。

振り返るとゆきを押し倒し、

完全にヤル体勢になっていた。

俺も全裸になり、

裸のままかなこをベッドルームに誘導した。

ヤルのを見られたくなかったのもあるが、

他人のエッチを見たくなかったのもある。

ベッドに上がってから、

かなこを押し倒し局部や胸を触る。

かなこが

 

キスして。

 

と言ってきたので上から覆いかぶさりキスした。

体が密着したからかなこが

 

○○のすごく立ってるね・・・触っていい?

 

と聞いてくる。

うなずくと起き上がりお互いベッドの上で

向かい合って下半身をいじった。

気持ち良くなってきたので、

そのまま前の倒れこみかなこを押し倒す形になった。

抱きしめて

 

入れるよ。

 

と囁く。

かなこが頷く。

ゴムは準備したがカバンの中なので

ナマで入れようとする。

かなこは拒否しなかった

自ら股を広げたので、すんなり入っていった。

締め付けが強くて

入れた瞬間にイキそうになった。

しばらく動かさず落ち着くのを待った。

その後、ゆっくりと動かすと、

かなこは我慢せず声を出す。

その声と小ぶりな胸の揺れと締め付けで

すぐにイキそうになる。

かなこの声が荒々しくなる。

1分もしないうちに俺はイッてしまった。

中には出さずに寸前で抜き出し、腹から胸の辺りに発射した。

ティッシュで拭取り、お互い落ち着いても俺のは半立ち状態だ。

喘ぎ声が隣の部屋から聞こえてきたので、戻ってみると、

予想通り、まさにエッチの最中であり騎乗位状態だった。

ユキの胸は思ったより大きく騎乗位なので激しく揺れている。

すぐに堀田はイッたらしく動きが止まる。

抜くと堀田はしっかりゴムを付けていた。

俺は再びギンギンに立ってしまっていた。

かなこもまだイッてないようだし、

ゆきともヤリたくなってしまった。

本能的にゆきを抱き寄せ胸を触る。

かなこよりも断然大きい。

抱きしめると胸が強く当たる。

そのまま押し倒し覆いかぶさった。

 

ゴムは着けてよ。

 

とゆきは言った。

俺は取りに行こうとすると、堀田がくれた。

2人に見られていると思ったが欲望は止まらない。

ゴムを着けてゆきの股間を開く。

ヤッたばかりなのか、すんなり入る。

すぐにピストンすると、かなこよりは緩い。

1回イッているせいか、すぐにイキそうではないので激しく突く。

肩を押さえてピストンすると胸の揺れが大きくなる。

胸を触りながら無我夢中で突き続けると、

ゆきが

 

イク、イク!

 

と叫び始めた。そのまま突き続けると俺もイッてしまった。

2度目なのに結構な量がゴムの中に出た。

堀田とかなこがこっちを見てニヤニヤしている。

ゆきを起こすと

 

2回連続でやったの初めて。

 

と言った。

堀田が

 

もう1ラウンドやる?」と聞くと

 

もう無理、もう無理!

 

と答え下着を履きはじめたので皆服を着た。

その後、4人でエッチのことなど色んな話をした。

ゆきがEカップなこと。

かなこが2回目のエッチだったこと。

俺とかなこが別室にいる時に

堀田がゆきにパイズリされていたこと等を話したが、

夜も更けて疲れたのか知らぬ間に眠りについていた。

俺は翌朝9時前に目覚めると

かなこが起きていて荷物をまとめていた。

普通に「おはよう。」と挨拶され、

皆を起こし10時前にはチェックアウトして、

そのまま帰った。

あの夜以来、会っていないが、

またメールで声をかければ何かあるかもしれない。

そんな期待をしてしまうのだ。

この出会いは、PCMAXの掲示板を見たのだ。

あなたにも、こんな出会いがあるかもよ。

 

人気セクシー女優浅田結梨の真性媚薬解禁、衝撃作!空前絶後の媚薬トランス!メンヘラ親父に媚薬を飲まされJK娘はパッキパキでパキッてる!薬欲しさに、大嫌いな親父のチンポ咥えてやらせちゃう近親相姦!さらに、売人を呼びキメセク3Pで生中出し!クソ親父!頼むよ、私のマンコに臭いチンポねじ込んで!思春期の娘が覚えてしまった甘い罠。薬がきれれば、また飲めばいい!高まる高揚感と夢心地の恍惚感がやめられない!

 


恋愛スタイルランキング

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

-PCMAX体験談, 男性の出会い系体験談
-, ,

Copyright© 出会い系サイト体験談 , 2018 All Rights Reserved.