出会い系コラム

同窓会は新しい出会いのきっかけ。出会いは身近にあるのかも。

投稿日:

 

同窓会ってどうよ。

この頃、同窓会の案内状がよく届きます。

大学のゼミ、高校、中学校、はたまた小学生の案内まで。

いやあ、幹事は大変だなあと思います。

私は中々参加することができませんが、参加した同窓生からLINEが来て

どんな集まりだったか聞いています。私もいい歳になってきたので

亡くなっている友人もチラホラでてきました。(寂しいですねー。)

社会人になった頃は、同級生の友達と何とか連絡を取り合っていましたが

年が経つにつれ、結婚する人あり、仕事に忙殺される人ありで

いつのまにか旧友とは疎遠になっていくものです。

自分の立場や生活が安定してくると

気心の知れた同窓生と会ってみるのもいいかなと思う人もいるでしょう。

まあ、私は会社が倒産してしまい生活も立場も危ういので

昔の友人と会うのは少し気が引けます。

しかし、学生時代の友人と会うのはいいものだと思います。

お互い話をすればすぐに出会った頃に戻ることができます。

そういう年齢になったということでしょうか。

出席した友人によると、卒業以来一度も会っていない人。

特に女性の外見が変わっていて驚くと言っていました。

これは女性の参加者も同じ感想でしょうけど

男性の外見、風貌が変わっていて驚くでしょうね。

どちらも、良くも悪くもだと思いますけど。

体型、服装、髪型、顔の輪郭などなど。

見た目から、「あいつだれだっけ?」とお互い小声で耳打ちしている光景が目に浮かびます。

女性の方が旧友の特徴的な部分を覚えていて、昔の友人を当てるのが上手かったそうです。

「あーっ、〇〇くんでしょうー。」みたいな。

すると、すぐに会話が始まります。

会場を眺めながら、それぞれの同窓生が背負ってきた

社会人としての道のりをつい想像してしまうみたいです。

私が参加していたらどう推察されたのか興味があります。

ちょっと、怖いですね・・・。

年を経ても変わらないその人の「魅力」

そうはいうものの、お酒が回って、誰と誰が付き合っていたか

などという他愛のない話になると、様子が違ってきます。

そうした会話だけでも、友人の話し方や振る舞いは

昔の印象とほとんど変わりないことに気づくそうです。

昔から気配りが上手だった人は、その日も参加者一人ひとりの所に行って

話しをしているし、深い話が苦手な人は相変わらず

当たり障りのないことを繰り返しているみたいな。

状況や環境が変わったり、年齢を重ねても

人の本質的な部分は案外「変わらない」のではないかと思います。

 

「同窓婚」は意外といいかも。

クラスメートには、同級生同士で結婚した人や、部活の先輩、後輩と結婚した人もいます。

天然キャラだったAは、体育会系のアネゴ肌の先輩と20代半ばで結婚しました。

奥様はきっと子供っぽいAを手のひらの上で転がしながら

うまくコントロールしているのだろうなと思えるような夫婦です。

早くにお父さんを亡くしたBさんは、部活の2年先輩だった人と20代前半で結婚しました。

穏やかでまじめな旦那と一男をもうけて幸せな家庭を築いています。

今では専業主婦として家を守っています。

私は50歳を超えていますが、31の時に結婚しました。

同窓生の中にはまだ未婚の友人もいますが、結婚が早かった友人に対して

まだ若いのに結婚するなんて。もっと色々な人と恋愛すればいいのに

人生80年の時代に、50年以上同じ人と連れ添うなんて考えられない

なんて、思ったもんです。

でも、「同窓婚」をした友人たちは、毎日のように顔を合わせ

話をする機会の多い学生時代だからこそ

相手の「本質的な部分」を見抜いていたのではないでしょうか。

それを心地よいと思い、お互いを認められるからこそ

「結婚」という決断、覚悟ができたんじゃないでしょうか。

それを若いうちにできたのは、素直に「うーん、大人だなあ」と思います。

結婚は「お互いの価値観が一緒であることが大事」とよく言います。

しかし、「価値観」以前に「相手の素性」を自分が受け入れられる事が

長年一緒に生活する上では大事なのかも知れません。

 

まとめ 

「同窓会」は、新しい出会いにオススメです。

結婚適齢期の人、目前の人は、もし、自分の学生時代に好感を持っていた人

今でも気になる人がいれば、同窓会に参加してみてはいかがでしょう。

部活やサークルのOB会なんかもよい機会だと思います。

そして、気になる存在だった人がまだ一人で生きていたら

勇気を出して声をかけてみてはいかがでしょう。

「出会いは石ころ同士が当たるようなもんだ」と誰かが言っていました。

蹴っ飛ばされて、ぶつかった相手と結婚なんてこともあり得ます。

可能性は0(ゼロ)ではありません。

あなたに好意を持っていた異性があなたとあえるかどうか

ドキドキしながら楽しみにしているかもしれません。

相手もあなたのことを忘れないでいるかも知れませんよ。

出会いが無いと嘆くだけの人よりも、行動した人が幸せをつかむんです。

 

 

 


恋愛スタイルランキング

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

おすすめ記事

1

こんにちは。 改めて出会い系サイトの印象について、世間一般では ストーカー被害、性犯罪の温床みたいに考えている方 多いんじゃありませんか。 確かに危ない側面はありますよ。 男性も女性もどちらも危険性は ...

2

あなたは不倫したいと思った事はありませんか? 「一生、夫だけを愛し続ける。」ことは結婚の理想ですが、 果たしてこの理想を貫ける夫婦がどれだけいるでしょう。 既婚者の不倫願望は、結婚5年目ほどで約50% ...

3

不倫への黄色信号かも・・・。 「夫の行動、言動に我慢できない。」という女性がよくいます。 この気持ちをどうすればいいのでしょう・・・。 どんなに愛していた夫でも、 一緒に住んでいれば相手のことが嫌にな ...

-出会い系コラム
-,

Copyright© 出会い系サイト体験談 , 2018 All Rights Reserved.