PCMAX体験談 女性の出合い系体験談

PCMAXで大学生の男の子とセフレ関係に。若い子は会話もHも主人より良かった・・・。

投稿日:

⇒ 出会い系サイトなら、PCMAX(18禁)

⇒ 優良出会い系サイト紹介

 

子供たちもようやく手が離れ、私は何年かぶりにパートに出ることにしました。

時間帯は朝9時~13時。

今まで、専業主婦でずーっと家の中だったので

いろんな人と話すのがとても新鮮で楽しかったです。

また20代の若い男の子たちもいて、おしゃべりするのかすごく楽しくて

すべてが新鮮に映りました。

でもお昼過ぎには帰ってきてしまうので

何となく午前中のテンションとのギャップに戸惑い、寂しくも感じました。

ある日、主人が持ち帰ってくるスポーツ新聞に目が留まり

読んでいたら、そこに出会い系サイトの広告がありました。

いつもならすぐに捨てるのですが、その時はつい手に取って読んでいました。

どうしても、その出会い系サイトが気になり

サイトにアクセスして無料登録だけしたんです。

すると、掲示板の内容が見れるようになって

いろんな人のメールを見るようになりました。

パート先で若い子と話をしていると、若い子と新鮮な出会いがしたいなと

思うようになり、いつしかその出会い系サイトで

若い子とのメールのやりとりを期待している自分がいました。

主人とは、セックスなんてもうとうの昔になくて

もう、主人は私を女としてはみてくれていません。

そこで出会い系サイトで新しい出会い、刺激の糸口を見つけようと

掲示板を物色していました。

そしてある日、大学生の20歳なおとくんとメールをすることになりました。

他の人は、だいたいやらしいメール内容で、「エッチしよう」とか

「奥さん欲求不満でしょ」とか、失礼な内容ばかり…。

でもなおとくんだけは違って、デリカシーがあるというか

メールの内容に気配りやユーモアというか知的な感じを受け

何度かメールのやりとりをしました。

そして、なおとくんは私のことを、やたらと褒めてきて

「奥さんとデートしたいな~」

と誘ってきたのです。でも私は

「会うのはダメ」

と一度はきっぱり断ったのですが、褒められて全然嫌な気分じゃないし

なおとくんなら、会ってみたいなと思ったので

「携帯の番号はちゃんと教えてね」

といつのまにか私のほうから誘っていました。

待ち合わせ場所を決めて2日後に会うことに。

新しい出会いは、PCMAX(18禁)で。

優良出会い系サイトの紹介。

待ち合わせ場所を遠くから見て、非通知で電話して

もし変な人だったら断ろうと、そう思っていました。

すると、意外とイケメンで今風のさわやかな好青年だったので

会うことにしました。

なおとくんとは、気が合うようで、その日は食事をして

街をぶらぶら散歩したり、買い物をしながら、その日は別れて

来週また会う約束をしました。

そして待ちに待った2回目のデート。

なおとくんは、車で来ていて

「今日はいいとこに行こう!」

と車を走らせました。

私はドキドキしながら、

「どこへ行くんだろう…」

と不安な気持ちでいると、なんとそこはラブホテル街。

私はあまりにも早い展開に、抵抗する暇もなく

受付の部屋の選択パネルの前まできました。

「えー、ダメだってば」

と言うと、もうなおとくんは私の手をひっぱって

そのまま鍵をもらいエレベータに入りました。

私は、あまりにも強引ななおとくんに、半分身をまかせる状態になり

部屋に入るなりすぐに、なおとくんが私に抱きついてきました。

「奥さん、早くこうなりたかった~」

と私を抱きしめながら、濃厚なキスをしてきました。

私は、久しぶりのキスに戸惑いましたが、自然と私も舌を絡ませていました。

そして、なおとくんの手がいつのまにか私のスカートの中に入ってきて

私の股間のあたりを触っています。

「あぁー、ダメ、ダメ」

上着を脱がされ、ブラウスのボタンを一つ外され

気が付けば、背中のブラのホックもいつの間にか外れていました。

「な、なに、この早い展開は・・・。」

奥さん、好きだよ

となおとくんは、私の胸を揉みながら吸い始めました。

「あぁーーーっ」

今度はなおとくんは、私の下のほうへ移動して、

ストッキングとパンティを脱がしています。

必死で脚に力を入れて抵抗しましたが、

なおとくんは慣れていて、上手でした。

いきなりの展開に、恥ずかしいやらドキドキするやらで

どうしようもできませんでした。

するとなおとくんの顔が、スカートの中の股間あたりあって、

「奥さん、脚を開いて。奥さんのお〇ンコいっぱいなめたいんだ」

と言ってくるのです。

「いや~、ダメ、ダ、ダメ~」

と抵抗しましたが

ペロペロちゅるちゅる音を立てて

私のお〇ンコを吸いだしたのです。

「あっ、ちょっ…と、んっ、いっ、あっ!」

と私はあっけなくイッてしまいました。

そして今度は、彼が私をベットまで抱きかかえ

彼は服を脱ぎだしたのです。

なおとくんがパンツを脱ぎ捨てると

パンツの中から出てきたのは、天まで反り返るような

とても硬くて大きなオチンチン。

旦那のモノとは比べ物にならないくらいたくましい・・・。

なおとくんは私の口元に無言でオチンチンを持ってきました。

私は彼から「くわえて欲しい」と言われてもいないのに自分から

大きく口をあけて、おちんちんにしゃぶりつきました。

旦那にもフェラしたことがないのにです・・・。

でも、この展開から若い子の勇ましいオチンチンを

しゃぶりたくなってしまったのです。

なおとくんは、

「あ~、奥さんうまい。気持ちいぃ~」

私もなおとくんが気持ちよくなっている顔をみて、興奮してきました。

なおとくんは、

「奥さん、入れていい?」

って聞いてくるので、

「いいわ、なおとくん入れて」

と私はお願いしていました。

なおとくんは、私を正常位の体勢にして、反り返ったおちんちんを

ゆっくり入れてきました。

「あ~、なおとくんの、いぃ」

と私は思わず叫んでしまいました。

なおとくんは、だんだん腰を早く激しく動かしてきました、

旦那だったら、すでにイッてしまうところを、

なおとくんは、長い間腰を振って私のお〇ンコの奥を突いてきます。

「あっ、そ、そこがいいの」

私も感じまくって、なおとくんが腰を振るのに

合わせて腰を浮かせたりしました。

そして、今度はバック、そして立ちバックと普段したことのない体位で

私はメロメロになり、何度もイッてしまいました。

もう私のほうからおちんちんをおねだりすようになり、

最後はおちんちんを握りしめて、騎乗位で自分で私のお〇ンコにあてがいました。

そして、私のほうが激しく腰を振っていました。

「あっ、あっ、あぁ、すっ、すごい。このおちんちんでもっと突いて」

「あぁ、あっ…一緒にイッて…もうダメ…イクぅ」

と、私となおとくんは、一緒にイッてしまいました。

なおとくんとの関係はもう1年。

なおとくんとの関係も、出会い系サイトも

やめられないです。

今では私のライフワークの一つになっています。

 

 

 


不倫・婚外恋愛ランキング

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

おすすめ記事

1

PCMAXの口コミ、評判はいかに? PCMAXは優良出会い系サイトって聞くけど登録しても大丈夫? ホントに会えるの? ちょっとでも気になったらPCMAXの口コミや評判を調べてみましょう。 ネットで出会 ...

2

こんにちは。 改めて出会い系サイトの印象について、世間一般では ストーカー被害、性犯罪の温床みたいに考えている方 多いんじゃありませんか。 確かに危ない側面はありますよ。 男性も女性もどちらも危険性は ...

3

不倫への黄色信号かも・・・。 「夫の行動、言動に我慢できない。」という女性がよくいます。 この気持ちをどうすればいいのでしょう・・・。 どんなに愛していた夫でも、 一緒に住んでいれば相手のことが嫌にな ...

-PCMAX体験談, 女性の出合い系体験談
-, ,

Copyright© 出会い系サイト体験談 , 2018 All Rights Reserved.