PCMAX体験談 女性の出合い系体験談

処女を捨てたくて、出会い系で相手を探した女子大生の話。

更新日:

19歳、関西の学生です。彼氏はいません。

というか付き合った経験もないんです。

エッチな漫画とかはよく見てて、

すごく気持ちよさそうだけど、

現実はあんまり出会いとかなくて、

自分から男の人に話しかけたりするのも苦手。

そんな私が出会い系を利用したのは、

エッチを経験してみたかったから。

ずっと女子校だったせいかすごく緊張しちゃって、

まともに会話できなくて

 

女子校育ちで男性と上手く話せません。

経験豊富で、やさしく初体験させてくれる男性を探しています。

 

って書き込んだら、すっごいたくさんメッセージが届いた。

一応全部見たけど、すごく遠い人からとか、

53歳とかの人からも来てて、

もうちょっと条件を限定するんだったと反省した。

とりあえず、よさそうな人と何回かメールをして、

写メを送ってもらったんだけど、

初体験の相手にはちょっと・・・って感じだったので、

もう一度もっと詳しく条件をつけて、

書き込んでみた。避妊をちゃんとしてくれる。

同じ県内に住んでいる。

独身で年の差プラスマイナス5歳以内。

太ってなくて、たばこを吸わない。

なるべく痛くないように、初体験させてくれる。

やたら注文をつけたおかげで、最初よりはかなり減ったけど、

それでもたくさんメッセージが届いた。

中には、私の出した条件に当てはまってない人からも届いて、

ちょっとムッとした。

でも、今回はこの人ならっていう人を見つけられて、

写メも交換して、待ち合わせまでたどりついた。

 

写メ通りやさしそうで整った顔をしているアキラさんは、

たくさん話しかけてくれて、一緒にごはんを食べて、

アキラさんの車に乗ったところで、

 

どうする?帰りたいなら送っていくし、

 俺でいいなら、ホテルに行くよ?

 今日はやっぱり怖いなら、また今度でもいいし。

 

もしかしたら、実は怖い人で、

山奥に捨てられたらどうしようなんて心配していた私は、

アキラさんの余裕のある態度にほっとした。

 

帰りたくないです・・・。

 

ホテルに行きたいとは言えなくて、

やっと答えた私の頭をアキラさんはやさしく撫でてくれた。

 

じゃ、ホテルに行こうか。怖くなったら、

 いつでも止めるから、遠慮なく言うんだよ?

 

私の鼓動はアキラさんに聞こえちゃうんじゃないかってくらいドキドキして、

緊張と期待でどうにかなりそう。

 

シャっ・・・シャワー浴びた方がいいですか?

 

ホテルのドアが閉まったとたん、テンパってしまって、

ヘンなことを口走った私を

アキラさんは、やさしく抱きしめて、

 

後で一緒に入ろ?キスしてもいい?

 

といいながら、唇をゆっくり近づけてきた。

私は目を閉じて、アキラさんの唇が近づいてくるのを

ワクワクしながら待った。

柔らかな唇が私の唇にふれて、歯の隙間から舌が入ってきた。

上の歯茎の裏とか、舌の裏の付け根の方とかを

アキラさんの舌でくすぐられると、ゾクゾクする。

私の体は力が抜けてしまって、気がついたら、

ベットの上に横たわっていた。

だんだん服を脱がされて、ブラジャーも外されて、

おっぱいも見られてしまう。

私はおっぱいは結構大きいんだけど、

乳首がピンクじゃないのがコンプレックスだったんです。

 

おっぱいかわいいね。もう乳首が立ってる・・・。

 

アキラさんはまるで赤ちゃんみたいに、

チューチュー乳首を吸ってかわいい。

乳首を舌で舐められると、

すごく気持ちよくて、

乳首ってこんなにいいんだって初めて知った。

オナニーするときは乳首って触ってなかったから。

キスとおっぱいへの愛撫でかなり感じちゃってた

私のオマンコは、とっても濡れ濡れだったみたいで、

アキラさんがパンティをおろすと、

つぅーって糸を引いちゃった。

 

ヤダ・・・。恥ずかしいよ~。

 

足をやさしく開かれて、

大人になってからは誰にも見せたことのない

オマンコを男の人に見られるのは、

とても恥ずかしかった。

 

朋美ちゃんのオマンコは、すごくきれいだねえ。

 鮮やかなピンク色だ。

 

アキラさんが感心したように褒めてくれたので、

私はほっとした。

 

本当に?気持ち悪くない?

 

鏡を使って自分で自分のオマンコを初めて見た時には、

あまりのグロさにショックだったくらいなのに。

 

なんで?ステキなオマンコだよ。

 もうこんなにグチュグチュだし。

 

アキラさんは笑いながら、

私のオマンコの割れ目をペロンと舐めた。

 

ひゃっ!汚い・・・。病気になっちゃうよ。

 

オシッコしたあと、シャワーを浴びてないし、

舌でこんなに舐められるなんて信じられない。

アキラさんはおいしい食べ物でも食べるように、

熱心に私のオマンコを舐めていて、

たまに指で割れ目をなぞったり、

クリトリスをいたずらしたり、

私のオマンコを念入りにこね回した。

 

じゃあ、そろそろ入れる準備をするから、

 痛かったら言ってね。

 

アキラさんは愛液まみれになった指を

私にしゃぶらせて濡らしたあと、

ゆっくりと膣口に入れて来た。

ちょっと痛いかなと思ったけど、

その痛みは長くは続かなくて、すぐに気持ちよくなってきた。

 

朋美ちゃん、大丈夫?痛いとかちゃんと言ってね。

 

はい・・・あっ!

 

痛いの?

 

アキラさんは慎重に動かしていた指を止めて、

心配そうに私の顔を見ていて、

 

ううん・・・気持ちよかったの・・・。

 

と言うと、ホッとしたようににっこり笑ってくれた。

 

我慢しないでね、声を出すと、もっと気持ちよくなれるよ。

 

クリトリスを舌で舐めながら、ゆっくりじっくり指で

オマンコをゆるめてくれたアキラさんに、

何度も何度もいかされて、もうわけがわからなくなった頃、

アキラさんが私の顔をのぞきこんで、

 

もう、入れてもいいかな?

 

と聞いた。

 

いいです・・・。入れてください。

 

イキすぎて動くのもだるくなった私が小声で答えると、

アキラさんは濡れて光っているぺニスに

コンドームをつけはじめた。

 

男の人も濡れるんだ・・・ていうか、

あんなおっきなのが本当に

私のオマンコに入るのかな?

ドキドキしながらアキラさんのペニスを見ていると、

コンドームを付け終わったアキラさんが

私の膣口にペニスをあてがった。

 

ゆっくり入れるから、なるべくリラックスしてね。

痛かったら、我慢しないで教えて。

 

ググッ・・・と私のオマンコにペニスが入ってくると、

無理矢理こじ開けられるような痛みを感じた。

でも、我慢できないほどじゃない。

 

だ、大丈夫?

 

アキラさんもかなり辛そうだ。

 

は、はい・・・。

 

目をぎゅっと閉じて、できるだけ力を抜こうとするけど、

上手くいかない。

アキラさんが乳首を指でさわってくれたり、

クリトリスをこすってくれたので、

やっとオマンコがゆるんだ。

ぐぅっ!とさらにペニスが入ってきて、ズズっと奥へと押し進められる。

オマンコが裂けちゃうんじゃないかと思うくらいはちきれそうで、

私は怖くなった。

 

キツい・・・。

 

アキラさんが入れるのを中断して、キスしてくれたので、

私は少しリラックスできた。

一杯だったオマンコも少しゆるくなって、

やっとアキラさんのペニスが全部入った。

 

すごい・・・全部入っちゃった!

 

自分のオマンコが根元までアキラさんの

大きなペニスを飲み込んでいるのを見ると、

信じられない気持ちでジュンとなった。

 

入ったね。おまんこがキュウキュウ吸いついてるよ・・・。

 

アキラさんは慎重に少しずつペニスを動かしてくれて、

私を最初からイカせてくれた。

アキラさんにセックスの気持ちよさを教わった私は、

他の男の人のペニスも試してみたくて、

出会い系サイトで他の人ともエッチしてみたけど、

アキラさんとの初めてのエッチが一番気持ちよかったし、

一番いいセックスだったと思う。

私が使った出会い系サイトPCMAXはここから。

 


不倫・婚外恋愛ランキング

忍者AdMax



-PCMAX体験談, 女性の出合い系体験談
-, ,

Copyright© 無料登録から始める出会い系 優良出会い系サイト体験談 , 2018 All Rights Reserved.