PCMAX体験談

出会い系PCMAX体験 若い子のフェラは最高!10代の彼女をセフレにハメ撮りセックス

投稿日:

かれこれ3ヶ月ほど前だろうか、PCMAXでビッチ漁りをしていた。
というか、生まれつきの女好き(SEX好き?)のため、
出会い系に限らず仕事関係や友人関係で俺のチンコアンテナに反応した子とは
常に生(7割りが中だし)でやりまくっていました。
そんなある日、PCMAX

「歳は会ったときに教えるけどかなり若いよ!」

という彼女と会うことに。
渋谷の待ち合わせ場所に行き、それらしい子を探すも見あたらない。
(若いギャル系女子を想像してました)、「冷やかしだったかなぁ」と
思いながらも一応メールをすると、
「同じとこにいるよ!」って返事が。
「えっ?」と思い改めて近くを見渡すが近くにいるのは
石の植え込みに座って携帯をさわっている見るからに

10代後半の素朴な子だけ・・・。

まさかと思いつつも改めてメールをして
「もしかして○○前の植え込みに座ってる?」
と聞くとなんと
「うん!」
と返事がきました。(笑)
内心ラッキー!と思いつつも「こりゃ、さすがにヤバくないか」
と考えつつ、しばらく考えたけど若い裸体を想像したらもう「行くしかないでしょ!」と暴れ回る始末。
そんなこんなで
「●ちゃん?それじゃ行こうか?」
と声をかけ近場のホテルへ向かったのでした。
でも、さずがにホテルまで歩く間だと、ホテルで部屋を選ぶ時はちょっと
距離をおいちゃいました。
実は会う前に条件を決める際に、こっちは「ナマ」希望って事と1回じゃ満足しないよ!と伝えておいたんだけど
密室で二人きりになると、またまた先ほどの罪悪感が襲ってきて、思わず
「実は今日は急な用事ができて時間がないからフェラだけでいいよ」
と言ってしまったのであります。
その子(ヒロミ:仮名)は
「えっ?」って顔をしてたけど、
「わかった」
と言い、二人でシャワーを浴びた後
ベッドの上でチョコンとお座り。
その裸体はお肌スベスベ・ピチピチで小さめの乳房にピンクの小さな乳輪と乳首が。
その姿を見ただけで私の愚息はビンビン(笑)
「やっぱりやっちゃうか・・・。」と言う気持ちを抑えつつ
仁王立ちフェラからスタートし、その後、私が横になり69でイラマチオ!
しかし今時の子は凄い!最初フェラはあまり期待してなかったんだけど、
カリに舌を絡ませ喉奥までくわえ込んだフェラは
熟女に負けない旨さでものの10分ほどで射精感がこみ上げてきて
「イキそうだ」
と言うと、更に深くくわえ込み、頭をグラインドさせながら
私の全てを受け止めチンコが収縮し始めると
喉をゴクンと鳴らして全て飲み干してしまった。

最初の密会はそれで幕を閉じ、
「この子は年齢的にヤバそうだから今回限りにしよう」と思っていたのですが
次の日にヒロミからメールが。

「タイプなのでまた会って欲しい、お小遣いは少しでいいから」と。

またまた私の頭の中で天使と悪魔が言い争いを始めていました。
しかし結果は明らかで悪魔の誘惑に私は負けてしまったのです。

ヒロミは魔性の女です。若い子の体の誘惑にはかないません。

私はメールの返事で
「いいけど、昨日はフェラだけだったから今度は1本くらいしかあげられないよ。
それと、サンプーンって言う殺精剤使って中に出しても良いなら会ってもいいかな?」
と伝えると暫くして
「その薬使ったら妊娠しないならそれで良いよ!」
と返事がきたのであります。
内心は「薬を使っても妊娠の可能性はあるよなぁ」と思いつつも
「妊娠の心配はないから平気だよ!」
と根拠のない返事をして安心させていました。
何度かメールでやり取りをして分かったのですが、
ヒロミは学校では地味な子らしいのですが
実はSEXに異常な興味があり
更に同世代のSEXでは得られない気持ちよさを求めていたみたいです。
だからお金よりも快楽を。
そして、「どうせなら身体の相性がいい男」と
と考えていたみたいです。
しかし10代の子が40過ぎのオヤジをタイプに思うのもどうかと思いますが・・・。
どうやら私に水商売的な危なさを感じたということみたいです。
何だか複雑な気持ちでした。
そして会う約束をした当日の朝に更に意地悪な要求を出しました。

「今日待ち合わせ場所に来るときは、すこし大人っぽい服装で
下着を何も着けずにおいで」と伝えました。

その後待ち合わせ場所に向かいヒロミを待っていると、
前回の子供っぽい服装とは違う彼女がちょっとモジモジしながら歩いてきました。
私は
「下着は?」
と聞くと
「駅のトイレで脱いできた」
と言うヒロミの言葉を聞いてムラムラとしてしまい、思わず路地裏のビルの階段へ彼女を連れて行き
抱き寄せてキスをしながらスカートの中へ手を入れました。
そこにはすでにジットリと濡れさらけ出された割れ目がありました。
更に興奮した私は思わずその場でチンコを取り出しヒロミの口に押し込みました。
「ング、ング・・。」
と声にならない声を出しながらフェラをするヒロミ。
2分ほどたってヒロミを立たせてサンプーンを挿入し、その後更に5分ほどフェラをさせて
頃合いを見て階段の手すりに手をついたヒロミの後から生挿入しました。
「ん、キツイ!」
さすが若いだけあって締め付けは最高で、その場の状況と相まって、射精をコントロールできると
自負していた私も思わずヒダがほとんどないユキの綺麗なアソコ奥深くに発射してしまいました。
ヒロミは
「中に出すと温かいんだね?」
と言いながら溢れ出た精液を手ですくい上げ
ペロッと舐めながら
「なんか生の精子と違う味がするよー」と言いました。
たぶんサンプーンの味が混ざったんだろうなぁ(笑)
「もっと欲しい!」
とヒロミがおねだりをするので、内緒でもってきたピンクローターを
ヒロミのオ〇ンコに入れ、精液が出てこないようにしながらホテルへ移動。
もちろん移動中はローターのスイッチはON!

さっと、チェックインを済ませ部屋に入るなり、ヒロミが抱きついてきて
ローターを入れたままで私のズボンを脱がせてフェラ開始。
ヒロミの異様な興奮状態に触発されて私もヒロミの服を剥ぎ取るように脱がせていました。
ここで再度サンプーンを膣内に入れて、今後は部屋で売っていたバイブで時間を稼ぎます。
改めて見るヒロミのアソコは美術館のある彫刻のような綺麗な形で、
その中からさっき射精した精液が少しずつ垂れてくる様子は
言葉では形容し難いエロティシズムがありました。
10分ほど経つと
「バイブよりこっちがいいよ」
とヒロミがチンコを掴みながらねだるので
「それじゃまた中にだすぞ」
と言うと
「何回でもいいよ」
と応えるヒロミ。
「中に出したところを写真で撮るか?」
と調子に乗って聞くと
「撮りたいなら、いいよ・・・」と。

10代の彼女に生フェラ口内発射、生挿れ中だし、バイブ&ハメ撮りと
SM以外のオンパレードで楽しんでしまいました。
ヒロミとはその後も生フェラ口内発射&生挿れ中だし&バイブ&ハメ撮りパターンで何度も会いましたが
歳の離れた彼氏感覚で会いたいというユキの希望で、お小遣いは二回に一回
それも風俗なんかよりも格安で若い身体を堪能させてもらいました。
若いセフレは最高です。だから出会い系はやめられないです。

 


恋愛スタイルランキング

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

おすすめ記事

1

こんにちは。 改めて出会い系サイトの印象について、世間一般では ストーカー被害、性犯罪の温床みたいに考えている方 多いんじゃありませんか。 確かに危ない側面はありますよ。 男性も女性もどちらも危険性は ...

2

あなたは不倫したいと思った事はありませんか? 「一生、夫だけを愛し続ける。」ことは結婚の理想ですが、 果たしてこの理想を貫ける夫婦がどれだけいるでしょう。 既婚者の不倫願望は、結婚5年目ほどで約50% ...

3

不倫への黄色信号かも・・・。 「夫の行動、言動に我慢できない。」という女性がよくいます。 この気持ちをどうすればいいのでしょう・・・。 どんなに愛していた夫でも、 一緒に住んでいれば相手のことが嫌にな ...

-PCMAX体験談
-,

Copyright© 出会い系サイト体験談 , 2018 All Rights Reserved.