出会い系コラム 女性の出合い系体験談

女として輝きたい、想われたい、抱きしめて欲しい・・・。不倫に走る女心とは。

更新日:

妻でも母親でもない、一人の女性として扱われたい。もう一度、女性として輝きたい。

女性は妻として、母親として、娘として、職業人やパート主婦として

そして、女として、たくさんの側面と問題を抱えています。

その問題は年齢と人生経験を重ねれば重ねるほど複雑になり、人に話せなくない事も生まれてきます。

そして、自分一人ですべてを抱え込んでしまう傾向にあります。

特にセックスレスである場合は、心身共に疲れていたり、悩んでいたり

深い傷となっていることもあります。

ちょっとやそっとの慰めでは簡単に癒されるものではものではありません。

セックスをしなくなり、しばらくは家事や育児でさほど気にならなくても

時が経つとともに虚しさや寂しさが自分ではどうしようもなくなり

自宅にいても自分の居場所を感じる事が出来なくなってしまうようです。

セックスレスが長くなるほど女性として扱われなくなる。女性としての魅力が無くなる。

セックスレスの期間が長引けば長引くほど、普通のセックスライフに戻るのは難しいでしょう。

セックスして欲しいと相手に言うのが恥ずかしかったり、タイミングが合わなかったりなど

なかなかうまくいかないものです。

勇気を出して誘ったのに、断られたら女としてのプライドがズタズタになってしまうでしょう。

夫を振り向かせようとダイエットをしたり、セクシーな下着やムード作りで演出しようとしても

相手にその気が起きなければ余計に虚しさが募る結果となってストレスが溜まります。

しかし、女性の心の底にある本能

誰かに支えてほしい

必要とされたい

甘えたい

受け止めてほしい

抱きしめてほしい

という気持ちには嘘はつけません。

女性は世間や家族から妻としての忍耐強さ、そして母親としての強さを求められますから

それに応えようとして本来の自分である女の弱さを隠して生きていますが

心の奥底に閉ざされた女としての欲求は日に日に強くなっていきます。

ついに嫁も夫を男として意識しなくなる。

妻が夫に女性として扱われていなければ、妻も夫を男として見ることができなくなります。

なぜなら夫が妻に求めているものは「女」ではなく「妻」であり「母親」なのです。

妻たちは「女」の本能を満たせる場所を求めて不倫をするようになるわけです。

夫にはない新鮮さや刺激、あなたのことをよく分かってくれて、大切にしてくれる人と過ごす時間は

まるで独身時代に戻ったかのようなときめきを与えてくれます。

夫にも妻にも同じような感情が芽生えれば

ワイドショーネタのような、W不倫といったケースも生まれて当然でしょう。

不倫は決して褒められたことではありませんが、愛情のない夫婦関係のみに人生を捧げるよりも

よっぽど幸せで有意義な生き方なのかもしれません。

私が彼女と出会ったのは、この出会い系サイトでした。

 

 

 

 


不倫・婚外恋愛ランキング

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

おすすめ記事

1

こんにちは。 改めて出会い系サイトの印象について、世間一般では ストーカー被害、性犯罪の温床みたいに考えている方 多いんじゃありませんか。 確かに危ない側面はありますよ。 男性も女性もどちらも危険性は ...

2

あなたは不倫したいと思った事はありませんか? 「一生、夫だけを愛し続ける。」ことは結婚の理想ですが、 果たしてこの理想を貫ける夫婦がどれだけいるでしょう。 既婚者の不倫願望は、結婚5年目ほどで約50% ...

3

不倫への黄色信号かも・・・。 「夫の行動、言動に我慢できない。」という女性がよくいます。 この気持ちをどうすればいいのでしょう・・・。 どんなに愛していた夫でも、 一緒に住んでいれば相手のことが嫌にな ...

-出会い系コラム, 女性の出合い系体験談
-, , ,

Copyright© 出会い系サイト体験談 , 2018 All Rights Reserved.